KLAXON

KLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXON

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 大分駅から県立美術館OPAMまでのアクセスについて

大分駅から県立美術館OPAMまでのアクセスについて

大分県立美術館 OPAM

こんにちわ、ヤスナリです。突然ですが今回は私の地元大分の県立美術館 通称『OPAM』について書いていきます。
これをお読めばあなたもOPAMマスターになれることでしょう!それでは行ってみましょう!

始まりはいつもあの人

冬の終わりのある日いつものように『あの人』からの突然の指令が。

松下 ヤスナリ
松下 ヤスナリ
お疲れ様です。
お疲れ様。早速だけど松下くんここ大分市の公営美術館って知ってる?
謎のボス T
謎のボス T
松下 ヤスナリ
松下 ヤスナリ
たしか大分市美術館と県立美術館のOPAM(オーパム)とアートプラザでしたっけ?一応知っていますが行ったことないですね。
今度うちの会社のギャラリーで何かアート系のイベントをしたいと考えていて、周りの美術館がどんな風にイベントやっているのか、捜査して欲しくて、松下くんを呼んだ訳。まずは事務所から最寄りの県立美術館からお願いね
謎のボス T
謎のボス T
松下 ヤスナリ
松下 ヤスナリ
はぁ、いいですけどまだ前回の記事のギャラ振り込まれてないですけど・・・
謎のボス T
謎のボス T
まずい・・この前キャバクラで使っちゃった・・・。

え!?あれ?おかしいなぁ・・・

 

と、とにかく、今回も頼んだよ!パンフレットやネットじゃわからない生の情報を頼むよ!

謎のボス T
謎のボス T

大分県立美術館って?

さて、今回も漠然とした依頼なので、どこから手をつけていいのやら…
まずは県立美術館ってどんな施設なのか?OPAMってどんな意味なのか?そんな基本的な情報からお届けしていきたいと思います。

まずは館長挨拶や、コンセプトを調べてみなさんにわかりやすく要約してお届けだね。

館長挨拶
温暖で風光明媚、豊かな自然に培われた、柔らかな県民性と、アジアや西洋から異文化を受け入れ吸収しながら、伝統や風習に融合してきた大分県。
大分市の中心に大分のユニークな文化風土にちなんだ「出会いと五感のミュージアム」が生まれました。
設計は、世界的に活躍する建築家 坂 茂(ばん しげる)さん。透明度の高い、フレキシブルで可変性に富んだ爽快な空間は、まさしく「常に変化しながら成長するミュージアム」。
世界中、日本中の美術の遺産にアプローチしながら、大分が誇る作家や伝統文化を紹介して育て、異質なもの同士、グローバルでローカル、伝統的でモダン、コンテンポラリーな、出会いの場をつくります。
アートの広がりと無限のバイタリティーを、異ジャンルの交わりによって、さらには、自然へのイマジネーションと私どもの肉体、生活に根ざしたリテラシーで、五感へと訴えます。
21世紀のための、まったく新しい、唯一無二の芸術体験と創造の場、「大分世界中心主義」を皆さんとともにつくっていきます。
大分県立美術館 館長 新見隆

 

松下 ヤスナリ
松下 ヤスナリ
・・・・・・。
ふ、フレキシブルでグ、グローバルなアレね! やばい!全く言っている意味が理解できない。。こんな僕に美術館の記事なんて書けるのだろうか?

 

初めの一歩から痛烈につまずいたが、まずは動いてみないと始まらない。何事も行動有るのみである。

大分駅から徒歩15分

とにかく、わかっていることから探そう。それからだ。どんな情報も完璧ではない。きっと『補足』が必要な部分があるはず、
そこをしっかり書いていけばいいのだ。
さて、HPを見る限り僕にわかりそうな部分は・・・

JR大分駅府内中央口(北口)から徒歩15分

よし、これから攻めよう。それ以外はよくわからない。

あまりにも残念な部分しか僕に補足の余地がなかったのはさておき、よくどこかに出かける際見かけるこの「徒歩15分」実際どのくらいの距離なのか?みなさんもきになるところではないでしょうか?

いやいや、基本徒歩は時速4キロとなってるから・・・

とか、わかったような事を言っているそこのあなたも、実際に『どのくらいの距離か』説明するのは難しいでしょう。
そもそも「◯キロ先」とか書いたところで、イメージしにくいから、観光地では「徒歩〇〇分」という言い方をするんだろう。
人によっては歩くスピードも全然違うし、「わかりやすい道」と「最短の道」は、違うことが多い。坂があるのか無いのか、景色がいいのかなど色々と含めて徒歩15分。

そこでまずは「15分って一体何歩なの???

こちらから検証して行くことにしよう。(美術館のことを調べています)

さて、やってまいりましたこちら大分駅前です!

数年前に100年に一度の大改修とまでいわれた大掛かりな開発があり、まるで様変わりしましたが、住んでいる人が変わったわけではないので、ど田舎大分の中心部でございます。

大分駅は

北側の出口を『府内中央口』

駅南側の出口を『上野の森口』

となっておりまして、今回は北側の『府内中央口』から出て左側に歩きますとみんな大好きスターバックスとファミリーアートがありますのでそちらからスタートしていきたいと思います。

まずはOPAMのHP等にも乗ってある一番一般的なルートを通って検証していきす。

ファミリーマートを背中にして一直線に駅前のアーケードの中に入っていき、アーケードに沿っていけば全く雨に濡れることなくOPAMに到着できるという、雨の日はこれ一択とも言える最強ルートです。
まわりから変な目で見られながらも一歩ずつ歩数えながら歩いていきます。

まずは200歩

国道を渡る交差点につきます。奥に見えるのがセントポルタ商店街のアーケードの入り口です。これは渡りましてまだまだまっすぐです。
左右にお店がありますがどんどんまっすぐ進んでください。

100均のダイソーがありますこの時点で500歩

 

 

 

 

 

 

 

朝一のためシャッターだらけですが普段はそれなりに賑わっております。いくつかの交差点がありますが、気にせず黙々と進んでください。
左右には飲食店が多く立ち並ぶ大分の中心街です。大分の美味しいお魚のランチをリーズナブルに食べれるお店やカフェ、居酒屋などもあり、OPAMの行き、帰り、共にこちらの商店街は使いやすいことでしょう!

駅からまっすぐ750歩アーケードの終わり際、不思議な桜と人形を発見しました。

おや?

おやおや??

コンセント型した明らかに不思議な人形がまちのど真ん中に鎮座しています。

こいつの名前は「ONICO」
USBポートが50個も内蔵された、スマホの充電スポットなんです!
大分県立芸術短期大学の学生によるCC.idealと、鬼塚電気工事株式会社、そして「湯~園地計画」を手掛けた清川 進也氏によるコラボ企画とのこと。

 

街中で充電が切れても安心です。ある意味喫煙スペースみたいな感じで見ず知らずな人たちが、立って充電しています。夜なら新しい出会いがあるかも・・・・。ここまでくるとあと少しです。

 

さて、ここで初めての方向転換です。駅を背中に左に曲がってください。

するとまたもやながーいアーケードが続きます。基本的にはこのルート方向転換はこの一度だけで、建物内に入ることができます。よって、一度左に曲がることさえ覚えていれば必ずたどり着けます。
左折して歩くこと350歩ここまででおおよそ1100歩ですアーケードが終わります。

でも安心してください!どんな雨の日だって、あなたを悲しませたりはしません!!屋根は続いていますよ。
なんともイケメンな屋根。

その名も

 

 

 

 

「雨の日でも快適シェルター」

 

本当にこの名前で堂々とウィキペディアに乗っているあたりが、この街の恐ろしいところ。

そんな「雨の日でも快適シェルター」を抜け、正面にあるエスカレーターを上りまっすぐ進むとオアシスタワー21というビルに到着です。


こちは、一応大分のシンボル的な施設で、ホテルと併設されたコンサートホールや文化施設が入った複合文化施設です。

県立美術館OPAMもこちらのオアシスタワーから連絡通路にて直結できる仕組みになっています。

 

二階の入り口から入り、道なりにまっすぐ歩くと連絡通路とOPAMが見えてきました。

 

そして、なにやらアートな連絡通路を歩けば到着

 

 

大分県立美術館OPAMです!

 

この時点で1414歩

一歩の歩幅は

 

『身長×0.45です。』

 

私172センチ、射手座のA型なので、

172*0,45=77.4センチ

 

です。

 

77.4×1414=109,443.6センチ

 

およそ1.1キロメートルということになります。

 

なるほど、時速4キロとして、1,1キロはおよそ15分というわけですね。

 

調査結果

 

大分の県立美術館OPAMまでは、大分駅から1414歩でいける。

普通に歩けば15分だが、町の活性化の為にも2時間くらいかけて行って欲しいところである。

途中でスマホの電池が切れても安心である。

雨の日でも安心シェルターのおかげで、雨の日でも安心である。

OPAMは、すっごいおしゃれである。

 

ってかんじでした。それでは、またの依頼お待ちしてますね!
あと、前回のギャラお願いしますね!
松下 ヤスナリ
松下 ヤスナリ
・・・・・。
謎のボス T
謎のボス T

 

 

 

今回はこのへんで!

 

KLAXON!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事