KLAXON

KLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXON

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 方言と距離のグラデーション

方言と距離のグラデーション

こんにちわ。本日私、フェリーさんふらわあに乗っております。

フェリーさんふらわあは、私の地元大分県大分市にあります、西大分港と神戸の六甲アイランドを結ぶ大型フェリーです。

19:30に出港しまして、明朝7:00 到着なので、乗船して飯食って酒飲んで寝てれば朝起きると神戸にいるってわけです。

船内には500名収容の大小様々な客室、個室やレストラン、大浴場もあり、とても快適に過ごせます。

https://www.ferry-sunflower.co.jp/lp/dangan/walk/?gclid=CjwKCAjwm-fkBRBBEiwA966fZESB8nJS6pz9zlGaJ79RQitVLNBZzLA-HZauCwcKt1nmd251ZreaVxoCGvIQAvD_BwE

現在時刻は 20:30 船内では、みんな思い思いに過ごしていて、とても賑やかです。

本日はそんな船内より、僕の住む大分県の方言について書いていこうと思います。

 

 

なぜ関西行きのフェリーの中で、方言の話なの?

 

 

そう思ったあなた、この記事を読めばその意味、大分の位置、九州男児の謎、時間距離の考え方についてしっていただけると思います。

それでは今回も行って見ましょう!

大分県ってどこだ?

大分県以外の方に質問です。

大分県ってどこにあるかご存知ですか?

湯布院や別府温泉で有名な・・・そう、いいちこや二階堂と麦の焼酎もあります。

AKBの指原さんの出身地でもあり、J2から今期昇格したトリニータの本拠地の・・・

で?

どこにあるか正確にわかりますか?

多分関東、東北の人だとほとんど正確な形や位置はわかってもらってないだろうと思います。

でも、それは普通のことだと思いますし、九州だってことは、わかっていても、どの辺りにあるかっていうのは、ぼんやりしているんじゃないでしょうか?

本来はそんなもんでいいと思います。

正直言って、僕も関東、東海地方とかになると、本当にぼんやりした位置関係でしか覚えていないので、お互い様というか、それが普通だと思います。

でも今回の記事では、この大分の位置と形、すごく重要なのでおさらいしておきますね。

はい、九州の北東部に位置するこれが大分県

九州最東端も大分県にあります。

県庁所在地は大分市で、海と山に挟まれた自然豊かな温泉県です

今回はその立地と言葉と交通手段のお話です。

陸の孤島大分

大分県には新幹線が走っていません。数年前に堂々開通しました「九州新幹線」は福岡から南に向かい、熊本県を通過して、鹿児島県を目指します。

福岡からは大阪まで新幹線なら約2時間30分。鹿児島まで2時間 韓国まで飛行機で40分ほどでアクセスでき、さらに福岡空港までは博多駅から6分260円で行くことができます。

飛行機を使えば沖縄を含めた日本中の主要都市、近隣アジアの諸外国までおおよそ2時間あればアクセス可能です。

 

 

 

 

 

大分県を除いては。

 

 

 

福岡の人が朝起きて、お隣大分県に遊びに行って温泉に入るまでにかかる時間と、台湾まで行って謎の台湾ラーメンを食べ始めるまでの時間は同じだと言うのです。

 

 

 

福岡県の隣の県なので、大分も意外に便利なところかと思うかもしれません。しかし、大分市から福岡の博多までは特急電車ソニック(名前負けしてます)で、

2時間40分かかります。

 

時間距離って考え方で行くと、

福岡県民とって大分は外国よりも遠いのです。

まさに陸の孤島です。

 

ちなみに大分からもう一つのお隣、宮崎市までは3時間以上かかります。

 

21世紀の現代でも、大分県の人にとって「県外に行く」は、海外旅行なのです。

 

陸がダメなら海にでろ

 

大分がどれほど陸の孤島なのかは前項を読んでわかっていただけたんじゃないかと思います。

しかし、それは今に始まったことではなく、高速道路や鉄道が今ほど整備されていなかった昔は、さらに他県との交流はなかったことは、容易に想像ができます。

平野部を山々に囲まれた厳しい道のりは、交易の大きな妨げだったからです。

 

しかし、ここでもう一度大分県の場所を確認してもらいたいのです。

 

お気付きの方も多いかと思いますが、大分って、九州で一番四国に近いんです。

なんなら大阪までも一番近いのはお分かりでしょうか?

こんな感じで、瀬戸内海通ればあっという間に大阪です。

大阪は物流の要です。陸からも海からもアクセスしやすいとこから交易で栄え大都市になりました。

 

大分は昔から陸路が困難だったため、九州内でなく、瀬戸内海を通じた四国や大阪との交流が強かったんです。

 

そしてその航路に今僕はいるわけです。

 

大分の小野妹子気分です。

九州男児なら芋焼酎飲まな いかんバイ!

 

九州以外の方の感覚だと、九州の人はもれなく酒飲みで、

なんばしよっと?

とか

飲んどーばい!

とか言いながら焼酎飲んでいるイメージがあるかもしれません。

 

関西エリアの人がもれなく関西弁なように九州人も全員、博多弁なのかと思っている人も多いでしょう。

 

ここではっきり言っておきますが、僕の住んでいる大分県では、「〜バイ」も「〜タイ」も使いませんし、「九州男児たるや」みたいなこと言う人もいません。

県境はその限りではありませんが、イントネーションも博多弁とは全くことなります。

 

焼酎も九州の人は「芋焼酎」を好んで飲みますが、大分では、「麦焼酎」が有名です。

方言のグラデーション

むかし、関西から九州まで各駅停車の電車に乗ったことがあるのですが、その時の話です。

大阪の方から出発して兵庫県に入ります。すると大阪から兵庫に入ったばかりでは、はっきりと関西弁だらけがったのに、少しづつ人が乗り降りしている間にいつの間にか、やや広島っぽい喋り方の人が出てくるんです。関西じゃほぼ聞かないない

酒がすきじゃぁ

とか

わしゃ癖があるけぇ

 

みたいな表現が耳につき出します。

しかし、この辺りではまだ関西弁のイントネーションが残っており、

「ほんまぁ」とか

 

「〇〇やろ」

 

とか残っています。

 

 

たんたんど、乗っていくうちに今度は

関西のイントネーションがなくなって行き、完全に広島弁になって行きます

 

「〇〇じゃけん」

とか

「ぶち〇〇」

とか出てきます。

 

ちなみに僕が大好きな広島弁の動画を貼っておきます

 

最高でしょ。

 

 

お聞きのようにこの辺りから関西弁とは完全に異なる感じですよね。

 

 

んで、大分の人はわかると思うのですが、大分の方言にも使われている語尾が端々にあると思いません?

 

「ででくるけん」

とか

「よそ行くけん」

とか

「みえるやろ?」

とかね。

 

大分の言葉と全然違うようで、何気に近い言葉がありますよね。

 

方言は本当にグラデーションをかけながら変化して行くのです。

 

そして、故郷大分に、だんだんと言葉が似てきたところで、九州に到着します。

 

大分は九州弁じゃない?

せっかく随分言葉が近づいてきたのに、九州に入ると一気に九州弁が占領してきます。

「じゃけん」

「行くけん」

「だけん」

「行くばい」

と、いきなり大分では使わない言葉を挟むことになります。

グラデーションが途切れるのです。

 

でもそれって、別に不思議なことではなくて、昔の大分の人にとって、隣の県の博多よりも、瀬戸内海を通じた四国や中国地方の方が近かったんです。

物理的な距離よりもかかる時間の距離が。

陸の孤島大分は九州内での、行き来があまりなく、瀬戸内海を通じた交易が盛んだったために、言葉まで四国、中国、地方に近いものになってしまったわけです。

まとめ

てことで、ここまで書いていてなんですが、文章ではイントネーションがイマイチ伝わらないので、このテーマダメだったってことです。

しかしながら、方言のグラデーションって、面白くて、本当に意味があるっていうのをみなさんに少しでも伝えることが出来たらと思って書きました。

日本全国には様々な方言や独特の文化がありますが、その全てに意味があり、文化も遊びも歴史もグラデーションで広がっています。

 

物理的な距離だけでなく、時間距離で作った日本地図はきっと全てのものが綺麗なグラデーションになっているんじゃないかと思っています。

 

陸の孤島大分。

 

県外に行くのは1日がかりです。

 

アジア圏の旅行の際、一番大変な移動は大分ー福岡空港間です

 

どこに行くにも車がないと不便です。

 

多分、日本で一番アクセス悪いサッカー場です。

 

でも、そんな大分が大好きですよ。

 

 

船は瀬戸内海を進みます。

昔の人もきっとこの航路を辿ったのでしょう。

 

 

大分の人と文化と方言を乗せて。

 

さて、寝て、起きたら神戸港です。

 

今回はこの辺で。

 

yasunari

 

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事