KLAXON

KLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXON

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 誤字脱字を直せ!AI校閲

誤字脱字を直せ!AI校閲

こんにちは、 ヤスナリです。

私ごとですが、数年前から

松下 ヤスナリ
松下 ヤスナリ
なんか、春になると風ひくな・・・

っておもっていたんですが、今年ついに認めようかとおもいます・・・

 

耐えられないほどの目の痒みに襲われ、ティッシュが箱単位でなくなっていくほど、サラサラの鼻水と、嫁と子供に嫌われるほどの大きなクシャミ。。。

 

 

そう

 

 

 

 

 

 

花粉症ですわ

 

 

 

 

いやー、本当に辛い。今までなかったのでさらにきついですね。

 

一応薬飲んでいますが、目の痒みは和らぐんだけど、鼻水とくしゃみはもう全開!くしゃみはちょっとストレス発散になってるかもしれませんが(←迷惑!)

鼻水はとにかく最悪!

 

ティッシュは無くなるし、いつも鼻にティッシュ詰めてるからみんなから変な目で見られるし、

ぐにゃーん カイジみたいな体感です。鼻曲りそうです

 

花粉症ってこんなに辛いんですね。。。

 

 

本当に鼻と目を外して洗いたいって思いましたよ・・・

 

 

これって昔からあったんですかね?江戸時代にも花粉症ってあったの?今度徹底的に花粉症について調べてやろうと思います。

今回は、花粉症デビューしたてなので、来年にしっかり書いていきたいと思います。

 

 

それで、今回書いていくのはこちらです

 

 

 

 

 

と、ここまで書いたのが一週間くらい前で、なんだかこの先が出てきません。

 

 

こんな時もおるので、あまり気張らずに適当に書く回があってもいいでしょうってことで、今回は私の誤字、脱字について書いていきます。

 

誤字脱字 多いな

 

って、思ったでしょ?

そうです。何を隠そうわたくし、異常に公正というものが苦手でして、間違っているのに気がつかないんです。

 

あれだけ誤字、脱字かましてるあの記事たちも自分なりに一生懸命に公正もしていますし、何度も何度も見直しているのですがそれでも、破滅的に間違えが多いのです。

 

このPCもいつかバックスペースキーもげるんじゃないかと思うほど連打します。

 

ちなみに、ちょっとの間バックスペースキーを使用禁止にするとこんな感じ

こんにちは、今からバックスペスキーえおおを、禁止いてして書いていきますm」、。

おい1!いきなりもうグダグダやないか。っておかってか何にも文章が進まないおzぞ!

ななんかなんかしおそれどころじゃなくなってきたけどm、点とMを間違えがち。。。

ちょっそとちょっしtちょっそちょっsちょっと、とりあせとりあえあうず、ここまででやめましょう。

 

まぁ、こんな感じですよ。

こんな状態なので、単純にタイピングが下手なんです。

 

その上、せっかちなので、どんどん誤字る誤字る。

 

めちゃめちゃ決めたセリフもあっさり誤字るわけです。

 

 

プロの校閲さんとかどうやってんの?と、ほんと尊敬してしまいます。

 

それでも、やっぱりきちんと読んでもらえるように、少しでも見やすいようにと日々努力して、何度も読み返しながら修正を繰り返し、公開ボタンを押しているのですが、あのありさまなんです。

 

今回ばかりはもう、校正せずにリリースしますよ!

 

 

 

おい!AIそろそろ俺の代わりに校閲作業してくれ!

せっかく作り込んだ記事も、とんでもない誤字や脱字によって

 

 

こいつ、バカだな

と、思われること間違いなしですもんね。

 

 

てか、もうあるんじゃね?
松下 ヤスナリ
松下 ヤスナリ

 

て、ことで、ググってみたところ

 

 

 

 

 

普通にありました。

 

ワンクリックで見落としがちなミスを発見!文章校正ツール5選

 

しかもweb上のサービスなんで、文書をコピペして普通に校閲してくれるみたいです。

 

しかし、基本的には月額制のものが多く(そりゃプロがつかうやつd)

 

この記事でやってみたところ

 

 

やかましいわ!

 

 

となぜかAIにされるダメ出しにイラっとする結果となりましたが、正直このサイトは精度がイマイチの印象でした。

 

有料版も今後試してみたいと思いますが、一番はもっと注意深く記事を書くことですね。

 

いろいろなサービスがありますが、結局それをきちんと使えるかは、その人次第ですね。

 

無料なもの、無料な情報が溢れている現代だからこそ、結局使う本人のスキルと教養の差が出るってことですね。

 

 

そんなこんなで、今回はこの辺で

 

KLXON!

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事