KLAXON

KLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXONKLAXON

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 会社設立に心を込めた贈り物。

会社設立に心を込めた贈り物。

2018年12月27日 平成最期の年の瀬も年の瀬に突然の呼び出しがあった。

呼び出したのはこの人。

似顔絵株式会社 代表取締役 高橋 勇生 社長(目つぶってしまっている)

何を奢ってくれるのかといそいそと事務所に向かうと、コーヒーも出さずに仕事の依頼をして来た。
内容は以下の通り

  • 会社のパートナーアーティストが株式会社を設立したのでお祝いを送りたい。
  • 何を送ったら一番喜ぶか(面白いか)考えてほしい。
  • その過程をコンテンツとしてまとめておいてほしい。
  • その過程をコンテンツとしてまとめておいてほしい。
  • それを手に入れてほしい。

 

 

 

 

 

 

自分でやれ!

 

っと一括して出て行こうとしたのだが、報酬をチラつかされたところで、美女からのコーヒー攻撃であっさり快諾。せっかくやるのだから、最高のプレゼントを考えるべく、プレゼントの本質から向き合う事にしよう。  

先ほどの写真が目をつぶっていたのが気に入らなかったようなので顔をつくって撮影したもの(やはり目をつぶってしまうようだ。)

 

高「ところで、松下君本当に喜ばれるプレゼントとはなんだと思う?」

 

松「なんでしょう?やっぱりその時一番ほしいものとかじゃないですか?」

高「それもそうなんだけど、ある程度年齢を重ねたり、収入が多くなって来た人に対して、欲しいものを考えて渡すってかなりハードル高いと思わない?」

松「確かにそうですね。すでに持っていたり、いつでも手に入る物だったり、欲しいものが桁外れに高かったり、好みが特殊な場合もありますよね。子供の様にはいかないですよね。」

高「そうなんだよ。でも人はプレゼントを渡すでしょ?気持ちのこもったプレゼント。でも必ず役に立つかと言うとそんな事はないでしょ?」

松「そうですね、結局気持ちがこもっていればなんでもいい的な話ですか?」

高「いやいや、決してそんな事じゃなくて、プレゼントを渡した相手が直感的に受け取るのは 『気持ち』という抽象的に表現された、相手が費やした時間や悩みの量だという事だよ。」

松「はぁ」

高「例えばすごく経済的に余裕のある人が、君の好きそうなお酒を手当たりしだいまとめ買いして好きなものを選んで持って帰って!って言われるのと余裕の無い人が予算内で君の好みに会いそうな物、それを飲む時に合いそうな安くても気の利いたつまみだったり、奥さんが妊娠中だったらノンアルコールビールの一つでもつけてくれるのと、どちらが嬉しいかっていう話なんだ。

お土産なんかも同じで、『相手が自分の限られたもの(お金や時間)を割いて自分のためにしてくれた事』これがプレゼントの本質なんだよ

つまり、欲しそうなものをAmazonで注文するだけのプレゼントでは本当のお祝いの気持ちが伝わらない(かもしれない)から、松下くんを呼んだ訳。」

 

ならばより一層「自分でやれ!」っとなるトコだが、ギャラが嬉い、面白そうなので引き受けることに。

予算は20,000円

人から人のプレゼントを探す。『時間代行が始まった。』

 

 

Kind zany company (親切でばかげた面白い会社)

 

これが、この度設立した会社の名前だ。似顔絵の全国販売を軸にイベント、タレント活動、講演会などマルチな活動をしてきたアーティスト 『ラクガキヤのMACO』が代表取締役を務める。

似顔絵アーティスト ラクガキヤのMACO

似顔絵株式会社とはパートナー企業となっており、ともに成長してきた同志である。

会社名の通り、面白いこと、喜んでもらう事に特化した企業理念を掲げており、そんな彼を喜ばせるには、何か面白くないといけないと、ミーティングを行ったが、これといったアイディアも出ないまま事務所を後にした。

 

て事で、年末感漂いまくる町中に繰り出し、プレゼントを探すことに。

しばらく商店街や駅ビルをウロウロしたのち、

こちらのお店に。

 

 

梅ランチ+ビールセット ラーメン 餃子 ご飯 生ビール 1260円

ラーメン工房 ふくや 大分駅前店 〒870-0027 大分県大分市末広町1丁目1−25

11:00~24:00

日曜営業

 

 

さぁ、腹ごしらえも出来たので気を取り直して出発しよう。

大分駅から南へ10分ほど大道町三丁目をふらふらと歩いていくと気になるお店を発見。おおはた酒店。昔ながらのなんともいい感じの酒屋だ。

なにはともあれ、入ってみる。

 

やはり会社設立のお祝いに『お酒』というのも良さそう。オススメのお酒を聞いてみる。

 

ふむふむ、非常にしっかりした味わいで程よい香りと丁寧な仕事の本醸造酒。

 

 

 

コスパ最高。

コップ満タンで350円。

ご馳走さまでした。

素晴らしい。

大畑酒店のお母さんありがとう。

気さくなお母さんと会話しながらお昼から飲める。

おおはた酒店 おすすめ日本酒角打ち 1杯350円から

 〒870-0822 大分県大分市大道町3丁目2−5

そして、さらに南に歩く。

あれでも無い、これでも無い。

路地をウロウロ、山をウロウロ

 

 

気の向くまま道を黙々と歩く事30分なにやら気になる看板を発見!

碁盤・・・製作・・・だと?

なんだか非常に雰囲気のある工房。。というか作業場

恐る恐る話しかけると、凄く親切に迎え入れてくれて色々と教えていただけた。

ここ、立川碁盤店は日本にも数少ない手作り碁盤、将棋盤の製作所でなんと大分市のふるさと納税の返礼金にも使用されているようで、あの羽生棋聖の対局にも利用されるほどの将棋盤を作り出すのがこの人

https://www.youtube.com/watch?v=mN2l6dlBzcU

碁盤職人 立川 文雄  さん

将棋盤おいくらくらいのがありますか?って質問に

「2500円のもあるし、500万でもあるわ」

中には数々の手作りの作品や製作途中の作品があり、   

TVなどで観る、碁盤に日本刀と漆で線を入れる工程についても説明していただけた。

 

そこで恐る恐る、足付きの将棋盤でおいくら位か聞いてみた。

 

 

 

 

すると 

 

 

「これなら2万円だ」

こちらはカヤの木で作った将棋盤日本だけでなく最近は中国からも買い付けにくるそう。

出てきたのは立派な足つきの将棋盤だ。

 

 

 

おお!確かMACO君は将棋が趣味で、定期的に将棋の会を開いてたはず!

これはバッチリ!高橋社長!見つけました!あなたが求めていたのはこういう出会いだったんですね!

こんな運命みたいな出会いと金額で疑いようもない!これで決定!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、思ったのもつかの間、(ラーメンたべたから)金がないが足りない。(残金18390円)

 

 

彼には自分で買うように言おう。

非常に残念だが、とりあえず製作場を後にした。

 

この場所から世界中に立川さんの碁盤が届いている。

立川碁盤店

住所:〒870-0883 大分県大分市永興6-1
電話:097-543-4753
FAX :097-545-1521営業時間:月~土曜日の8時~17時 
    

その後もひたすら喜んでもらえそうな物を探してウロウロと歩き、気が付けば14キロ歩いていました。

 

 

14キロである。。。

最終的には途方もないところまで歩いてしまった。

 

 

帰りはバスで事務所に帰ることに。 

僕が帰るなり、仕事しているふりを始めた高橋社長。

高「で、どうだった?良いプレゼントは見つかった?」

松「んー良いのがあったんですが、(ラーメン食べたから)お金たりなくって。。。」

高「一応締切は1月の7日だからそのつもりでお願いね。」

松「わかりました。

  ところで、今回のプレゼントで高橋社長が一番伝えたい思いってなんですか?」

高「んー、やはり会社設立っていう大きな決断をしたことへの、エールだったりおめでとうの気持ちかな(キリ)」

なぜか立ち上がってキメる高橋社長

(なんでキメ顔なんだろ)

松「なるほど、ついに彼も社長ですものね。一国一城のあるじですものね。」

ん?会社にしたって事は社長になったのか…?

 

 

 

 

 

 

高「高橋さん!良いこと思いついたかもしれません!」

脳内では福山 雅治の『ガリレオ』の音楽が鳴り響きながらインターネットで商品名を調べる。

 

 

これってこんな名前だったのかー。てかこれは売ってる(作ってる)とこあるの?

 

そう!社長になったのだ!社長室のかっこいい役職プレート!これしかない!

カッコいい!新しい会社名と役職が入って・・・
こんなやつかと、いけてる!

年末年始で時間がないのですぐに作ってくれそうなお店を探す。

まずい。。。ほとんどもう動いていない。納期が2週間かかってしまう。

数件回るも全く話になりません。

時間的にも納期的にもかなり厳しい。

最後の望みをかけて発見した看板のお店に行って見る!

レーザー加工したい!アクリル切りたい!

 

ファンキー!いけてる看板屋さん発見。

無理を承知で尋ねる!納期はギリギリ!会社設立のお祝いととして最高にクールなアクリルプレートを送るため!

いざ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正月休み突入していました。

 

 

 

 

さて、、、

 

 

 

 

諦めよう。

人間諦めが大切。

 

 

またもやゼロに戻ってしまったので、さらに、 なにか情報がないか探してみる。

すると、ボス(高橋社長)から情報が。

聞くところによると、昔2人で話しているとき、

「一億円あったら何に使う?」

という、小学生レベルの質問に対して

「公園作りたいです」

 

 

 

 

 

 

と、答えたそうな。

質問した方もした方だが、答えもぶっ飛んでる。

 

そこで、公園をプレゼントできないか実際に公園に行ってみることに。

やってきたのはこちら。

画面中央にいるのがぼく。

大分市 佐野植物公園 

 

草滑りのようのゲレンデ
とてもスリリングな滑り台

ひとしきり楽しんで公園の良さを堪能。

これは素晴らしい夢だ。その夢のために少しでも協力したい!一体公園を作るっていくらかかるんだろう?

 

 

予算は20000円だ。

 

まずは何と言っても土地がないことには話にならない。道幅が4メートル以上(防火水槽を設置してポンプ車が通るため)あり、二つの面が道路に接している、場所を探そう。

ちなみに彼の地元エリアの1坪あたりの単価が30万円から35万円前後

ちなみに佐野植物園は26,317坪でおよそ92億円だ

 

 

 

 

 

 

 

予算は20000円だ

その後地域住民を集めて、説明会や意見交換会を持って、設置する遊具なども決めていく。

 

予算は20000円だ

決まったら遊具を購入し、設置、安全性の確認。

まずは滑り台

品番 PG31-SC701
品名 動物たちの棲むところ
価格(税別) 7,730,000円

続きまして、ラクガキヤにふさわしい遊具を

品名        らくがきローラー滑り台(ストレート)

価格(税別)    2,300,000円

いろんな遊具があり、目移りしてしまうがあまり欲張らずに揃えていこう。

滑り台、ブランコ、砂場などマストなものと、簡単なまたがり動物などを見積もっていく

トイレやベンチまで含めて設置、運搬、工事含めるとおおよそ4000万円前後だろう

 

 

何度でも言おう。予算は20000円だ(正確には18390円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だめじゃぁ。

 

またもや、ダメだった…なぜこんなにもうまくいかないのだろう?このミッションは本当に過酷だ。社長。。もう心が折れそうです。

失意のどん底のなか、事務所に帰る。

ふらふらと中央町を歩くと、そこに一軒のお店を発見。

事務所から徒歩7秒の場所にあるお花屋さん

事務所から徒歩7秒。鬼近のセントポーリア 大分県大分市中央町4丁目1−23  097-537-4344

わらにもすがる思いで店内に入ると、何とも素敵な奥様が迎えてくれた。

ことのてんまつを、説明し相談に乗ってもらう。

すると、すごく親身になってくれ、MACO君のために予算内で最高の花を用意してくれるという。

彼の性格や、会社名も含めて、最高の仕事をしてくれることを約束してくれた。

 

お二人のおかげで、最高のプレゼントが用意できました。

本当にほんとうに長い長いプレゼントを探す『時間代行』は、幕を閉じたのです。

 

 

最初から『事務所から徒歩7秒のお店でお花を買った』では、ここまでの達成感は味わえなかっただろう。

数々の襲いかかってくる苦難を乗り越え、成長し、ついにたどり着いたのだ。

いまは、高橋社長以上に彼に渡す時を楽しみにしている。

 

高橋社長。

 

 

 

 

もう二度とやりませんから!

 

 

 

最高のプレゼントを用意してもらいました。

最後は素敵な笑顔で、受け取ってくれました。

高橋社長の心意気に大満足のMACO君でした。

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事